スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

hydrangea


バッチリ体調崩してガッツリ仕事を休む羽目になっております、社会人二年目の春でございます。
人間生活向いてないなあと思います。
しかしまあなんとか生きてるだけえらいのではないか、と根拠もなく思うことで自我を保っています。

このまま路傍の石になりたい。
こじれた承認欲求と混ざってうまいこといかないね。

以下リハビリと吐き出しと。
続きを読む
スポンサーサイト

桜のない春について

ひっさびさに精神がだいぶアレなのでゆっくりだらだら書くぞー!

対応するとか対策するとかそういう問題じゃない。
それがわかっているだけマシかもしれない。
続きを読む

夢の中までは騙せない

ツイてない時期です。毎年2月はこう。な気がする。
原因不明で一番ひどかったのは中2の時だけど。
今にして思えばあれふつーに自律の神経が失調しまくってたんだなって感じしますけどもね。
学校では生徒会長やって部活やって勉強やって、家では地獄をやり過ごしながら毎日狂ったように文章を書いて、音楽を聴いて、絵や文をたくさんみて、思い出したようにプチ遠距離の恋をして、ろくに眠りもしなくて、毎晩毎晩一人で泣いて、
そら壊れるわってねえ。

14歳のわたし、えらいぞ。
23歳のわたしはそこまでがんばれない。
悪夢ひとつで潰れそうになる、弱いだけのおとなだ。
続きを読む


いつのまにかあけてましたねー。

今年こそ退屈なくらいの平和がほしい。

以下はたまには昔みたいな日記的な私小説っぽいことするかーのやつです。
大人は回顧することで大人になりすます。

続きを読む

ホワイトノイズレイン

眠れないからなんか書けたよー。
本当に暗い気分のときは真っ暗なものが書けないものである。
エネルギーがないんだよなあ。

もっとこう、ひりひりするものが書けたらなあ。
続きを読む

光の差す部屋を手放した話

こないだブログ書いた一週間後に空き巣に入られて人生がだいぶめちゃめちゃになりましたが生きてます。
人生すごい。結構ギリギリのとこでどうにかなる。


仕事の部署も変わったりしまして、事件以外にもいろいろと……本当にいろいろあったんですが。
しばらく住む部屋が無い状態だったので勤務地との兼ね合いもあり一カ月実家に身を寄せたり。
姪っ子が生まれたり。
時系列バラバラですけど、とにかくわたしは昔からギリギリで死なない。
が、死なない程度にトラブルには巻き込まれるので、人生に予測がつかない。
すっっごい疲れたし、大変お世話にはなったし支えても貰ったけどもわたしはやはりこの人たちと共には暮らせないなと思ったりもしたし、とにかく目先のお金が必要だし新部署なかなか合ってるからとりあえずあと半年は頑張れそうだなと思ったり。
いろいろ考えました。

すこし前の自分には予想もしなかったことばかりが今の生活のスタンダードになっていって、日々クヨクヨ不安がっているのが馬鹿らしく思えた。
どうせその通りにはいかないんだ。

住んでいた街は本当に好きだったし、
あのボロいけどやけに懐かしい、光に満ちた部屋のことが好きだった。
その光をとるための窓が割られてこうなったわけなんだけれど。
もうしばらくはあの場所で生きるのだと思っていたから、引っ越してそろそろ一月になるのにまだなんとなく慣れない。

引っ越した部屋は何の因果か母校のすぐそこで、まさか数年後あの教室から見えていた建物で自分が生活しているなんて全く思ってもみなかった。
歩いても歩いても、なんとなく知っている街。
キラキラした思い出も、まだ痛むような思い出も、ありすぎる街。
かつての恋人であり今はちょっとよくわからない私の好きな人がいつかこの部屋に来ることがあるとしたら、何が現実なのか今度こそわからなくなるかもだな。

何を隠そう、わたしは今結構、つかれている。

サバイバルの最中はけっこう頑張れちゃったりするじゃない?
引っ越したら引っ越したで、早く慣れなきゃとか、とにかく体が疲れて眠たいとか、息つく間もなくて。
やっとすこし、リズムが安定してきたわけです。

そしてだばーってわけですわ(突然の表現力低下)。

励ましたり支えてくれたりする優しい人たちの前では言えないし、そうじゃない人たちにはもっと聞かせらんないのでここで言うけど、

私が一体なにをした!!!!!!!!!!!

本当の本当に疲れた、現実に戻って行くのが毎日毎日まあまあしんどい、カーテンを開けるのが実は毎日怖い、知らない人の匂いがする部屋で寝苦しい、諸手続きのせいでお金もない、周りはみんな終わったこととして扱ってくる、

絶対に忘れない。

今の苦しみや屈辱や疲労や、その中でも本当の意味で支えてくれた人のこと。

絶対に忘れないで、いつかこういうだらだらした単なる記録ではなく、なんかもうちょいしっかりした形で、書き残しておく。

いつも悔しさが私を生かす。
それが呪いだって言うのなら逆手にとってやる。

息のしやすい場所

新卒総合職というだけで他のフローで入社した人たちの五年分を半年で詰め込まれてそろそろ死にそうです!
死にたくないので辞めたいです!
そもそもが愛想を尽かしたものに付き合いきれないタイプなのでたぶんはやくも転職します。
とりあえず繁忙期の時間外給と冬のボーナスは貰ってから辞めるぞー!!!


周りはいろいろ言うでしょうけども、
私の中では自分の人生ははたちのあの夏に一度終わっているので(ネガティブな意味でなく)。
自分の力で稼いで、食べて、まともに人と会って、それだけできてればいんじゃない?
ていうかもう死にたくないんですよね。
虚弱クソ野郎なのでおそらく人生で一番体力のあるこの時期に死にかけてるってことはもう、そういうことなんですよね。

次の選択も間違いかもしれない。
でも、あってるかもしれない。
一番最初にしたバイトがクソブラックで即辞めて二か月後くらいにどうせ落ちるやろと軽い気持ちで始めた図書館バイトがのちのち私の人生においてとても大きなよりどころになったように、でっかい失恋の後見つけた恋がいつの間にか一番大きなものになっているように、とどまっていたらわからない。
なんてね。
逃げたいからそれらしいことを並べて自分を鼓舞してるだけです。
でも逃げたいなら逃げたらよくない?


私より先に仕事辞めなきゃ命にかかわるだろって人が近くにいるんですけど、
私がさっさと逃げた先でなんとかうまくやってたら目を覚ましてくれるかもしれないしね。

ゆーてあと最低五か月くらいは踏ん張らないといけないのでそこで気は変わるかもしれない!
知らん!私の人生だ!
二度と誰にも奪わせない。

今日は貴重な休日だけど腹痛貧血でひっどい有様なのでひきこもるぞー。
いつか今頃のことを思い出して、バカだったなって笑えたらいいなあ。

木陰

Author:木陰
サイトは数年休業中…
過去HN放置。
おもについったのどこかに生息。

死にかけながら生きてます。
いつの間にやら社会人。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。